BLOG

お母さんってすごい存在だと思うのです。

女性って母じゃなくても母性本能を持っているので

お母さんじゃなくても

男性より何かとお母さんっぽさを発揮しやすいと思うのですが、

母であり、自分の子供のため、というシチュエーションのとき…

それはもう、ものすごい力を発揮しますよね。


私は既婚&子供がいないのですが、

誰かが上記のシチュエーションのとき、かなり冷静に見ることができます。


良くも悪くも…

人としてor母として、という場合、いろいろ思うことがあります。


あなたは母ですか?

もしそうなら、

母じゃないあなたで考える時間を持つことが大切かもしれません。


人は気づかずして

その役割を見事に演じています。


だから、

母という役割のときはそれを演じることに集中してください。


だけど、そうじゃないときは

あなたそのものをエンジョイしてください。


ついつい、母の時間が長いと

切り替えずに、ずっと母でいてしまうケースが多い気がします。


あなたはあなた。

母であることはあなたの役割の一部。

それを逆転させないでほしいのです。


そうすればもっと、

あなたの可能性が広がると信じています。









informationでご案内しております「メッセージ from イングランド」について

こちらでもご紹介させていただきます。


位置づけとしては昨年の「セドナメッセージ」に続くものです。

通常のメッセージはメールにて差し上げますが、

こちらは便せんにメッセージを載せ、

旅先でその方にぴったりのお土産と共に送付いたします。


セドナは凝縮したエネルギーですが、

今回のイギリスはセントマイケルレイラインを巡る旅。

一つ所に留まらず、

お申込みいただいた方のエネルギーを感じながら、

ご縁のある場所でメッセージをしたためられたら、と思っています。


ご興味のある方は『mail messsageお申込み』より

”メッセージ from イングランド”を選択し、

お手数ですがメッセージ欄にご相談内容やメッセージと共に

住所、TELを合わせてお知らせください。


ケルトにご縁のある方は多くいらっしゃると思います。

前世もたくさんありますから、

ある時期、この地方にご縁があったケースも。

ミカエルさまのサポートを受けている方も何となく惹かれるものがあるかもしれません。


同じ場所を訪れても

その時その時で受け取るメッセージが異なる場合もあります。


”いま”あなたに必要なメッセージをお届けできればと思っています。

お土産もどんなものと出会えるか私も楽しみ!

その方にピッタリのものと出会えるはずなので

そちらもどうぞ楽しみにしていてくださいね!









Facts are the enemy of truth.

直訳すると

「事実は真実の敵」


どのように訳してもいいのですが、

訳することより

英語そのものからどんな風に感じますか?


例えば、

人間は本来、優しく素晴らしい性質を持っている→truth

戦争したりいがみあったりする→fact


色んな考え方ができるし

イメージも湧いてきませんか?


私の第一印象は

Life is changeable.「人生は変えられる」


過去も未来も自由に変化する。

実際、そうだと思ってます。

今この認知できている次元だけを生きている訳じゃないし

”いま””一瞬”しだいでどんどん変わるし。


過去の思い出が時と共に変化していくことを

実感している人は多いのではないかしら?


自分にとっての事実を

幸せ色に染めるも

不幸などんより色に染めるも

あなたの自由。


一瞬の気持ちと継続でいかようにも変えていけるのです。





Malie地方は雨です。

かつては恥ずかしいほどの晴れ女だったのですが、

少し前から雨女にチェンジしてます。

時には雷女・嵐女にも。


information更新していますので

ぜひ、ご覧になってくださいね。



さて、タイトルの一人ごはん。

ひとり映画、ひとり旅、ゼンゼンOKなのですが、

一人ごはんだけは苦手です。


かつて出版社で編集者をしていた頃、

作家さんと食事を共にすることがよくありました。

その頃は「こんなに豪華なごはん、友人たちと食べたらもっとおいしいだろうなー」なんて

不謹慎なことを思ったりして。


とはいえ、

出版社の忘年会で鍋が出て、最後の〆に

個人の小皿のおだしを鍋に入れて雑炊にする、って言うのは

「うえー」って大反対したけれど。


おうちで食べるご飯はともかく、

外で食べるご飯は絶対、好きな人と一緒が美味しいと思ってます。

エネルギーが混ざり合うよね。


初めての人とは相性がわかったりするし。


何を食べるかも大事だけど、

誰と食べるかはもっと大事!


大切にしたいです。






図書館へ向かう途中、ふと

懐かしい空気の香りがして思わず足を止めました。


地球上のどこか、懐かしい、家庭の香り。

たぶん、それは私が生まれる前のもの。

香りはそれと共に私の中を通りすぎ、ふわりと私に覚醒をもたらしました。


「地球上で過ごす時間はほんの一瞬。そこで実際どう暮らすかは重要ではない。

そこでどれほど感覚を高められるかが大切なんだ」


自分で確認できる感覚として

私は体感と嗅覚はかなりクリアです。


ゴールへと最短距離で到達する秘訣はまっすぐゴールに進むこと。

まあこれ、秘訣じゃないけど。ふつうですけれど。


だけど、当たり前なのにほとんどの方はそうしないのです。

外部を気にしたり、自分の中の矛盾に気づかなかったり、

ゴールと違う道を這いつくばって進んだり。


ガイドたちはこちらの希望を叶えることを最優先してくれるので

「その希望、違うんじゃない?」とはなかなか言ってくれません。

聞けば教えてくれますが、

聞いた方がいい人に限って聞いたりしないもの。


走馬灯のように重荷を背負っている方々の様子が浮かび…

その必要ないよ~~って全力で叫びたくなりました。


アロマも好きですが、人工的な香水も大好きです。

香りが覚醒のボタンを押してくれるのかも。

ええ、きっとそう。


ぜひ、お好みの美しい香りで日常を纏ってみてください。





















Alan Cohenさんのフリーメールマガジンを購読しており、毎日メールが届きます。


今朝は「Hey House World Summit 2018」の案内が届いていました。

5/5~5/20までの期間、多くのドクターやスピリチュアリストたちの講演を無料で楽しめます。

オーディオ、ビデオに分かれており、registerをクリックし、メールアドレスを入力すると

参加者やスケジュール確認ができます。

https://www.hayhouseworldsummit.com/?a=5840&c=5750&p=r


英語なのでリスニングの勉強がてら聞くのも楽しいですよ。

エキスパートの中にはミランダ・カーさんの名前も。

個人的には”エイブラハム”で有名なEsther and Jerry Hicksさんが楽しみです。


テーマは

self empowerment

relationships

spirituality

prosperity

health


健康に関するアーティクルの多くは

ヨガと瞑想、呼吸法、オーガニックフードに触れています。

金銭面での繁栄についてはボディマインドと思考の関係を含め、実際的です。


日本でスピリチュアルというとなんだかふわふわした印象ですが

より科学的ですね。


私自身、11月に大きなチャレンジがあるので

心地よいプレッシャーを感じつつ進んでいます。

こんな時こそ、深呼吸。。。


望めば叶います。

じゃあ、何を望むのか?

私の本当の気持ちは?


湧き立つ気持ちを落ち着かせ、

自分自身とよーく対話しています。









それほどエコを意識している訳じゃあないのだけれど、

なんとなく気になって購入してみたのがこちら。

ランドリーマグちゃん。


マグネシウムの力で衣類をふっくら洗濯してくれるとのこと。

まだ1か月足らずですが

なんか良さそう!

タオルなどは柔軟剤なしでふっくらしています。

うちは部屋干しですが、お日さまにあてたようなナチュラルな香りがします。

それに洗濯槽もキレイになっているような。

何より洗濯したものの使い心地がとてもいい!

気持ちいいです。


効果は1年ほど持続するとのことなので

これからしばらくお世話になります☆



失敗したり、失望しないで

最短距離で

最善の道を進みたい、という方へ…


そんな気持ちが無くなった時、それが実現しています。


これは自分の経験からなんですけれど、

自分が守られ、

完全に安心して豊かな”気持ち”で過ごしていると

往々にして「ま、いっか」って気持ちになります。


目に見えない物に見守られている実感って

なんとも表現しにくいので”気持ち”って言ってます。


誰も自分を貶めたりしない、

完全に守られて完全に最高の道を歩んでいる、と

完全に信じられたら

いいとこ取りしたい! なんて思わなくなるから。


何だってやってみればいい、

失敗だってそれは成功。

だってそもそも、失敗なんてないんだから。


とっとと失敗することが成功への最短の道、ってこともある。


身の回りに起こる出来事全てが自分にとって良いことだと信じられたら、

自分の望みを宇宙は全力で叶えようとしてくれるんだと信じられたら、

ちっちゃな自分のエゴじゃなくて

純粋な気持ちで臨んだことは最速で実現しちゃうことを経験したら、

つい、自分の周りで起こる出来事すべてに

「ま、いっか」って手放して俯瞰しちゃうんです。


こうなるととっても軽くて楽ですよ。


現実世界であなたのことを妬まんだり

足を引っ張ろうとする人たちは

次元が違うからついて来れなくて勝手に離れてしまいます。


この上にはもっともっとあるはず。


誰でも体験できるよ。


軽く幸せになりましょう。


傷つくのが怖いとか

無駄なことしたくないとか

そんなちっちゃなこと言ってないで

何でもやってみればいいじゃない。


それがいちばんの近道!



伊是名夏子さんのブログが大好きです。

http://blog.livedoor.jp/natirou/

私があれこれ言うより、読んでいただくのがいちばんかも。


You Yubeで検索すると

実際に夏子さんがお話されている様子も見られます。


息子さんの”ママLOVE" なんですって。

かわいい!


日本国内のみならず、留学もされています。


自信が無かったり、

不満があったり、

いろいろネガティブな感情を何とかしたいなあ、っていう方は

ぜひぜひ目を通してみてください。


幸か不幸か私は記憶力がいいです。

というか、

記憶力が良かったです。←過去形!


最近、”忘れる”力がついてきまして。

すごく嬉しいのです。


忘れるってすごいこと。

執着を手放すことですから。


忘れるために

忘れよう!と努力していると早く忘れられるようになります。

いい感じで。


掴んで離さないとか

ずーっと持ってるとか

そういうのをやめるとすごく軽やかで楽です。


記憶も荷物のひとつ。

とっとと捨てて軽やかに前へ進みましょう。



運命とは女性だったりどの親の元に生まれるかだったり、

現状自分では変えられないこと、


宿命とは運命のもとに切り開いていく自分の人生で、

ある程度自分で決めてきたことはあるものの、いくつかの選択肢があり、

その都度自分で選び、変えていけるものだと考えています。


そして

使命は誰かから「こうだよ」っていわれるものではなく、

自分で決めていいものだと思っています。


信頼できる誰かから

「あなたの運命は○○で宿命は△△使命は□□です」って言われたら

簡単かもしれないけれど、

その通りの道を歩んでもやはり困難やうまくいかないことは必ずあり、

そんな時、自分で選んだという自覚がないとより不満が高まって

他人に責任を押し付けることになりやすいと思います。


他力本願は悪いことじゃなくて、ぜんぜん、乗っかればいいんじゃないの~って

思っていますが、

この場合は責任転嫁というのかしら、

うまくいかない時に他人のせいにするというのはとても気分の悪いことなので

あんまりおすすめではありません。


信頼すべきは自分自身の直観力。

ふわーっと浮かんだそのイメージ、言葉、フレーズ。


それに+α

適切な「背中押し」があれば最強なんじゃないかな、と思います。


いつだってあなたはあなたの世界の主人公。

見ないふりをしたって、この世にいる限りはそうなんです。


だったらイニシアチブを取りましょう!

そう決めたら

その時々で適切な脇役たちがあなたの周りにスタンバイしますから。











ここしばらく、朝起きるとスルリこの言葉が通り抜けていきます。

”人生は暇つぶし”


私、こう見えてとても真面目なので

そう簡単に受け入れられず…


「え?」「そうなの?」「本当に?」と何度も問い返し。


やっと腑に落ちてきたのでここに書いています。



そう、文字通りそうなんだな、と思います。


暇つぶし、楽しく過ごす? or  不満たらたら過ごす? って選択。

そして

人生、それほど重く考えなくていいんだよ、

軽やかに一瞬一瞬を過ごせばいいんだよ、っていうこと。


とりあえずこの地球で過ごすのはわずか100年足らず。

それは魂の人生でみればほんのわずか、ちょっとした旅。

深刻に考えず、やってみればいいんじゃないかしら?


種々の葛藤、執着などなど手放せば

「なんだー、思い通りになってる♪」って気づくはず。


義務とか試練とか、そう捉えたければそれでもOK.

だけど、愉しみと捉えるのも素敵。


どちらにしたって願いはかなうのだから

ニヤニヤしながら待っていればいいんじゃない?


その間、楽しさにフォーカスするか苦しみにフォーカスするか…


どんな風に暇つぶしするか、本気で考えてみませんか?